スーパースチューデントとは?


コンプレックスを解消するために

誰にでもある小さなコンプレックス。
そのコンプレックスがマニアックであればあるほど解消方法が分からない・・・。
コンプレックスを楽しみながら解消する方法はあるのでしょうか?

スーパースチューデント南

僕は具体的な例なんだけど、IT系や金融系の人たちって、やたらとフットサルをしてるんですよ。
めっちゃ誘われるんですけど、サッカーの経験がほとんどゼロで。

全くイメージ湧かへん(笑)

テニスと水泳しかやっていないし、サッカーも小・中学校の体育の授業でやったぐらいで。

下手やったら行きにくいし、カッコ悪いところ見せられへん(笑)。
いろんな立場の人がいるわけでしょ?

会社の同僚や上司もいます。
昔、会社員として働いている時、野球をやったんですよ。
仕事が出来て、スーツも着こなしててめっちゃかっこいい、収入もそこそこある上司が野球に来たら、まず、私服がすごくダサかった(笑)

それ、野球関係ないやん(笑)。
関係ないけど、イメージ変わるな。
普段、スーツパリっとしてはんのに(笑)。

あれ? って(笑)。
さらに野球を始めてみたら、構え方からおかしい。

下手とかいうレベルじゃなくて?

フライは、ずっと手を上げてヨロヨロしながら待っている(笑)。
みんな、えーってなって見られへん感じ。
その人は恥ずかしがらずに一生懸命やっていたので、全然いいとは思うんですけど・・・。

わはははは

俺はそうなりたくないなと思って(笑)。
フットサルを誘われた時、30歳超えて、若い時みたいに走りもせえへんやないですか。
多分、ボールが来ても、止めれないからその瞬間に焦ってしまってパニックになる。
やってる人からしたら、全然わからないでしょ?

俺は、サッカーやっているからね。

ボールが来た瞬間に、人が寄ってくるじゃないですか。
ボールしか見えないから、囲われたら終わり。

もし自分が行くと、あの時の上司のようになってしまうんではないかと(笑)

僕は用事があるって言って断っていたんです(笑)。
でも、二次会があってみんなで飲みに行ったりして、楽しそうやし行きたい。
それで、やってみようと思い始めたんですよ。
いきなり行ったら上司の二の舞になるんで、練習してから行こうと、本とサッカーボールを買って公園で練習したんです。
けど、これは違うなと思い、ネットで調べたら未経験の大人が練習するサッカースクールがあって体験レッスンに参加してみたんです。
行ったら20人ぐらいいて、全員未経験で下手なんですよ。

そこで何するの?

インサイドキックをひたすら練習するっていう(笑)。
ウォーミングアップして、先生が蹴り方を教えてくれて、それを二人一組になってインサイドキックの練習をしたり、最後試合をしたりとかして。

それは面白いの?

むっちゃ面白いんですよ(笑)。
小学校とかそんなに習っていないから、インサイドキックはなんとなく知っている感じだったんですけど。
奥深いですよ、インサイドキック(笑)

わはははは。
未経験の人がインサイドキック奥深いとか言ってるのが、僕としては笑ける(笑)

30分~1時間インサイドキックの練習をして、ちょこっと他の練習もするんです。
で、最後に試合したらみんなトーキック(笑)。
練習したインサイドキック、全然出来てない。
けど、通い続けたら上手くなると思う。

それは何回行った?

2~3回行きました。
場所が遠かったり、時間が合わなかったりして行かなくなったんですけど、その時は楽しかったな。

みんなが素人だったから良かったんだな。
自分と同じレベルやから。
僕が行ったら楽しくなかったかもしれない。

行ってるうちにみんなと仲良くなるんです。
会社で流行ってるから、ちょっと上手くなってみんなと楽しくやりたいっていう人たち。
他には、自分の子供がサッカーを始めたから、休みの日に子どもと遊んであげたい。
サッカーを子供に教えてあげたいけど、何も知らへんから学びに来ましたとか。
みんな、めっちゃイキイキしてるんですよ。

ええなぁ~。

共通の目的があって集まっている人たちなので、年齢も近かったりとかして結構仲良くなる。
そういうのいいなって。
なんかしたいねんけど、そういう場がない。

なるほど。

あと、恥ずかしい話していいですか?
社会人になって決算書を読むような仕事が結構あったんです。
大学で会計学を勉強したことはあるんですけど、ほぼ忘れているんですね。
で、勉強したいなと思って、これも極秘で行ったんです、簿記を習いに(笑)。

それってよくある学校?

そこら辺にある有名な試験対策の学校です。
何を勉強したらいいのか自体、あまり良くわかってなくて、基本っていったら簿記なんじゃないかなと。
受講生は、会社に入る前に簿記の資格を持ってなきゃいけない人ばかりだし、試験会場に行ったら周りは女子高生ばっかり。
決算書の見方を教えてくれる学校とかわからないから、簿記を習ったのが正しかったのか分からない。
勉強するとなると、結構な時間を投資する。

情報が多すぎてわからないよね。

探すのに時間がかかる。

それだったら友達に聞いたほうがええやんってなる。

正しい場所にハシゴを掛けなければ、一生懸命登って行っても間違った場所にたどり着くだけ。
正しい場所にハシゴを掛けれさえすれば、いずれ目的地にはたどり着くじゃないですか。
本やネットで探したり習得するのは難しくなってるんですよ。

正しいところにハシゴを掛けるのが一番難しいのに、それは誰も教えてくれへんと。

正しい場所にハシゴを掛けなければ、努力しても違う結果が生まれてしまう。
達成したい目的を明確にし、それにあった場所を探すことが大切なんですね〜。
誰が教えてくれるんでしょうか・・・。

スーパースチューデントとは?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: マニアックな生徒の欲しい講座を作るプロジェクト、SUPER STUDENTがリリース | EdTech Media

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です